マルチプルちゃんねる

主に5ch(2ch)で見つけた面白そうなネタを纏めています。 現在は5ちゃんねる(2ちゃんねる)のなんJが主流になっています。

    1: 風吹けば名無し 2018/02/22(木) 16:31:32.01
    「罪の意識はあまりないかもしれない」「サイトに上がってたから、いいかなみたいな」
    作者や出版社の許可なく漫画がアップロードされ、無料で読むことのできる「漫画村」などの”海賊版サイト”が今、議論を呼んでいる。

    利用しているという10代の学生は「周りも使っている。新しい漫画が出たら教えてもらう。”やばいのかな”と言うこともあるが、僕はよくわからない。
    でも、漫画家さんにちゃんとお金が入るのは”買う”という形なので、そうしいかないと漫画家さんも減るし、苦しくなるとは思う」と話す。

    Twitter上には「#漫画村を守ろう」というハッシュタグも出現、「めっちゃ使いやすいし何でもあるし最高やわ」
    「漫画家を守らずして漫画村を守るとか滑稽にも程があるだろ」と、批判や擁護、様々な声が上がっている。

    19日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では、海賊版サイト問題を通して、漫画の未来について考えた。
    昨今の状況について、漫画家の江川達也氏は「”過渡期”にいるという諦めもあるが、それでもやはり作り手にお金が還元されなければ衰退してしまう。
    タダで読んでいる人たちは酷いことしているなと思う」と話す。

    「見たらムカつくんで見たことは無い(笑)」という江川氏の著作も、『漫画村』上に108冊がアップロードされており、もちろん無料で閲覧可能だ。
    「まるで俺がオッケーしてるような感じ(笑)。でも、読みたくなるデザインだ。出版社が運営している漫画サイトもたくさんあるが、
    やはり海賊版の方に流れていってしまう」。

    江川氏が指摘するとおり、『漫画村』は作品がジャンル分け、検索機能、フリック・スワイプによる直感的な操作などが充実しており、
    出版社などが運営するサイトよりも使いやすいのもまた事実だ。

    「出版科学研究所」の調査によると、紙の漫画である「単行本」の売り上げは前年比で約13%減と、過去最高の落ち込みを記録した。
    この背景に、海賊版サイトの影響があるとの見方がある。

    福井弁護士も、海賊版サイトの利用者状況について「昨年ぐらいから驚くべき数字になってきていて、”異次元”に突入しているという感じだ。
    最も見られているサイトの直近の月間訪問者数は約1億2800万人。1人あたり2日に1回くらい利用しているので、ユニークユーザー数は約740万人。
    これは日本の中高生を合わせた人数よりも多い。漫画の売り上げに影響がないとは考えにくい。
    10代の若年層に利用者が多いので、お金を払わなくても見られるものなんだというカルチャーが身についてしまうことを危惧している人も多い」と指摘する。

    【【酔狂】Twitter民さん「#漫画村を守ろう」運動が始める】の続きを読む

    1: 岩海苔ジョニー ★ 2018/02/19(月) 07:18:28.54 _USER9
    高校や大学の教員らで構成する民間団体「高大連携歴史教育研究会」(会長・油井大三郎東大名誉教授)が、高校歴史教科書から「坂本龍馬」を削除する一方、論争がある「従軍慰安婦」「南京大虐殺」などを精選した用語案をめぐり、研究者らから歴史教育への影響に加え、日本史と世界史の間での用語の不統一を疑問視する声が出ている。日本史で自虐的傾向があるが、用語の選定作業グループが世界史と異なるため相違が生じた可能性もある。

     「今後の国際社会を生きていく子供たちに、国内外の歴史上の著名な人物を教えなくてもいいのか」。1月下旬に行われた自民党有志の会合。議員からは歴史用語を大幅に削減した高大連携歴史教育研究会の精選案に異論が相次いだ。

     この団体のホームページによると、精選案では「教科書本文に掲載し、入試で必須暗記事項として扱う」基礎用語を掲載。原則として、ほとんどの教科書に掲載されている用語や歴史の大きな転換、時代の基本的特徴を説明する概念用語などを選定するとしているが、個別用語の選定基準は一部を除いて明らかにしていない。

     日本軍による「強制連行」の誤解を与えかねない戦後の造語である「従軍慰安婦」や日本軍の残虐性をことさら強調した「南京大虐殺」といった精選案の用語は、現行の教科書でも少数表記ながら盛り込まれているが、研究者からは日本史と世界史での用語の不統一が指摘されている。

     「南京大虐殺」は世界史では「南京事件」と表記。さらに、昭和6年の満州事変から先の大戦の終結までを一体的に捉える「日中15年戦争」という日本史の用語も、世界史では「日中戦争」と表記されている。

     時代の基本的特徴を理解する上で必要とされる用語の欠落もある。日本史の精選案の単元「大日本帝国と世界」では、ロシア革命後の共産主義の脅威の広がりや米騒動の背景を理解する文脈でも出てくる「シベリア出兵」が入っていない。

     今月14日に公表された高校学習指導要領改定案に合わせ、林芳正文部科学相はこの精選案を念頭に「生徒が歴史を豊かに学べるよう、歴史用語を削減する規定は設けていない」との談話を発表。改定案の地理歴史科では一面的な見解を十分配慮なく取り上げるなど偏った指導をしないよう求める規定を明記している。

     人名などを大幅に削減した精選案について、日本近現代政治史が専門で高校日本史教科書の執筆経験もある伊藤隆東大名誉教授は「歴史を考える上で人物不在の歴史はありえない」と指摘。「抽象的な概念用語も多く分かりづらい。『戦時性暴力』という用語は日本軍の加害性を強調したいのだろうが、旧ソ連軍による満州での日本人婦女子への暴力は無視できないはず。日本近代史では日本を悪玉にする特定史観の印象を受ける」と話している。

    no title

    http://www.sankei.com/smp/life/news/180219/lif1802190005-s1.html

    【【歴史】「南京大虐殺」「南京事件」、歴史用語にばらつき 教科書精選案に疑問視の声 】の続きを読む

    1: (?∀?(⊃*⊂) ★ 2018/02/22(木) 11:46:25.76 _USER9
    米ツイッター社は21日、「ボット」と呼ばれる自動投稿の方法などを使い、
    複数のアカウントから同じ内容を投稿する行為を禁止すると発表した。

    2016年の米大統領選でロシアからのフェイク(偽)ニュースの温床になった、
    などの批判に対応するものだ。日本の利用者も対象になる。

    同社によると、禁止されるのは、自動や手動で複数のアカウントから全く同じか、
    ほぼ同じ内容を投稿したり、リツイート(転載)したりする行為。
    同じ内容を投稿する場合は、一つのアカウントからリツイートするように呼びかけている。

    一方、気象情報や地震の情報など、公的に有益な情報は、複数のアカウントからの投稿が認められる。

    利用者には、3月23日まで猶予期間を設け、守らない場合にはアカウント停止などの措置をとる。

    http://news.livedoor.com/article/detail/14336587/

    【【Twitter】複数のアカウントから同じ内容を投稿を禁止に BOT排除か 】の続きを読む

    このページのトップヘ