マルチプルちゃんねる

主に5ch(2ch)で見つけた面白そうなネタを纏めています。 現在は5ちゃんねる(2ちゃんねる)のなんJが主流になっています。

    1: 孤高の旅人 ★ 2018/02/20(火) 13:06:31.65 _USER9
    危険な「眠剤ハイ」若者に広がる 路上で睡眠薬大量購入
    2018年2月20日11時29分
    https://www.asahi.com/articles/ASL2N2HNJL2NPTIL00N.html

     睡眠薬を使って気分を高揚させる乱用行為が起きている。若者の間では「眠剤ハイ」などと呼ばれ、昨年7月には大阪府内で錠剤を服用後に交通事故を起こして逮捕された少年が、「ハイになるために睡眠薬を飲んだ」と供述した。専門家は、依存症や発作などの危険性を指摘する。
    意識もうろうと…事故
     昨年7月14日未明、堺市東区の市道脇のフェンスに乗用車が突っ込んだ。当時運転していたのは通信制高校3年の少年(18)。助手席に建設作業員の少年(19)が乗っていた。高校生の家族が駆けつけて車の中をのぞくと、少年2人が意識がもうろうとした状態でぐったりしていたという。
     2人は大阪府警の調べに対し、大阪市浪速区の路上で、本来は医師の処方が必要な睡眠薬140錠を「密売人」から約1万1千円で購入したと説明。高校生は建設作業員の少年から、睡眠薬を飲んで眠気を我慢すれば気分が高揚すると聞いたといい、「ハイになるために何度かに分けて数錠ずつ飲んだ。バイト先の人間関係でむしゃくしゃしていた」と話し、堺市内に戻る途中に意識がもうろうとして事故を起こしたという。
     府警は、睡眠薬の影響で正常な運転ができない状態だったとして、高校生を道路交通法違反(過労運転等の禁止)の容疑で逮捕。また、建設作業員の少年についても薬を渡したとして、同幇助(ほうじょ)の疑いで書類送検した。
     少年らが睡眠薬を手に入れた浪速区のJR新今宮駅の近くには、かつて覚醒剤などの薬物の密売が多かったとされる地区がある。現在は密売は大幅に減ったとみられるという。一方、管轄する署の幹部は「最近は地区の路上で睡眠薬を販売しているとの情報もあるが、移動を繰り返しているとみられ実態がつかみづらい」と話す。
    ■ネットにも書…

    残り:548文字/全文:1271文字

    【【危険】「眠剤ハイ」若者に広がる 路上で睡眠薬大量購入 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/02/21(水) 09:40:18.96 _USER9
    プレミアムフライデーで午後3時過ぎからアルコールが販売されたソフトバンク本社の社員食堂でビール片手に談笑する社員ら=2017年2月24日、東京都港区東新橋
    no title


    「プレミアムフライデー」の導入からもうすぐ丸1年が経つ。プレミアムフライデーは月末金曜日に仕事を早めに切り上げ、消費喚起や働き方改革を狙った取り組みだが、この1年での成果は限定的だったようだ。(SankeiBiz 久住梨子)

     市場調査会社のインテージが2018年2月、20-50代の男女有職者3251名を対象に実施した調査では、プレミアムフライデーの認知率は97.0%と多くのビジネスパーソンに知られていることが分かった。

     一方、この1年のプレミアムフライデー実施日に1回以上早帰りをした人は8.3%。9割以上の人は1回も早帰りできなかったことが明らかになった。開始当初の調査では、プレミアムフライデー初回に「早く帰った」と回答した人は3.7%だったため、早帰りする人は増加したものの低迷の域を脱していない。

     ただ、消費喚起には貢献したようだ。実際にプレミアムフライデーで早帰りした人の過ごし方は、トップ3が「自宅で過ごした」(46.0%)、次いで「食事に行った」(40.4%)、「買い物に行った」(31.3%)となっており、プレミアムフライデー導入の狙いの一つだった消費促進に一定の効果があったと推察される。

     では、もう一つの狙いである働き方改革には効果があったのか。ソフトウェア開発会社のサイボウズが2018年1月、中間管理職の20-50代男女500名に調査したところ、全体の4割が「労働時間を制限する働き方改革」が始まったと答えた。企業の働き方改革は進んでいるようだ。

     しかし、そのうち70%は「会社・部署の業務効率は上がっていない」と回答。さらに、「プレミアムフライデーやノー残業デーの実施日に早く帰るために、他の日に残業をしたことがある」と答えた人は36%に上った。業務効率が上がらない中で労働時間削減のしわ寄せが来て、働き方改革のためのプレミアムフライデーが本末転倒な結果をまねいている企業も少なくない実態が浮き彫りになった。

    2018.2.20 17:10
    SankeiBiz
    https://www.sankeibiz.jp/macro/news/180220/mca1802201710007-n1.htm

    【【本末転倒】「早帰りのために別の日に残業」プレミアムフライデー導入から丸1年】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/02/21(水) 14:43:47.46 _USER9
    青島を訪れた人々の餌に群がるネコ=2017年6月
    no title


    ネコが多い島として有名な愛媛県大洲市の青島の住民は20日までに、公益財団法人「どうぶつ基金」(兵庫県)や市の支援を受け、島の全てのネコの不妊・去勢を目指す方針を固めた。

    青島にはネコが約130匹すんでいるが、仮に全てのネコへの不妊・去勢手術が成功すれば、外部から新たに連れてこない限りは増えることはなく、将来的に減っていく。
    島のネコは島民でつくる「青島猫を見守る会」が世話しているが、青島の人口は13人(1月末現在)と少なく平均年齢も75歳以上と高いため、会は昨年7月、将来的な世話が難しいことを理由に、全てのネコの不妊・去勢に向けた支援を市に求めていた。

    会や市によると、手術は「どうぶつ基金」を介する獣医師らが渡航して行い、時期は未定という。市は獣医師の渡航・宿泊費用など約40万円を負担する方針で、経費を2018年度当初予算案に盛り込んだ。
    青島のネコは住民が発信した観光資源ではなく、テレビやインターネットの情報拡散で13年から人気が高まった。現在は世界中の人々が島へ見物に訪れる。

    :2/21(水) 9:20
    愛媛新聞ONLINE
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180221-21001601-ehime-l38

    【【ネコ島】全130匹に不妊・去勢手術 海外でも人気、ネコの島「青島」 】の続きを読む

    1: 記憶たどり。 ★ 2018/02/21(水) 11:59:17.05 _USER9
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180221/k10011337181000.html

    東京電力福島第一原子力発電所3号機の使用済み燃料プールに残されている核燃料を
    取り出すために必要なドーム型のカバーの設置が21日完了し、東京電力は今後、
    プール内のがれきの撤去などを行って、ことし秋にも核燃料を取り出すことにしています。

    福島第一原発の1号機から3号機では、事故で溶け落ちた核燃料のほか、建屋の上部にある
    使用済み燃料プールに核燃料が残されていて、このうち3号機のプールには、未使用のものも
    含めて566体の核燃料があります。

    これを取り出して安全な場所に移す作業に向けて、去年8月から半年間かけて進められてきた
    原子炉建屋のドーム型のカバーの設置が21日、完了しました。

    カバーは、放射性物質の飛散や作業を妨げる風などを防ぐためのもので、幅22メートル、
    高さ17メートル、重さが55トンある最後の部分が、21日午前7時半すぎから、およそ1時間半かけて
    2台の大型クレーンによって取り付けられました。

    東京電力は、今後、プール内の細かいがれきの撤去や、遠隔操作の訓練を行い、事故で核燃料が
    溶け落ちるメルトダウンを起こした号機としては初めて、ことし秋にも3号機の燃料プールから
    核燃料を取り出すことにしています。


    no title

    【【原発】福島第一原発3号機、ドーム型カバーの設置】の続きを読む

    このページのトップヘ