どういうことだってばよ
世の中には何を言ってるんだこいつはと言いたくなるような事があるもので。しかしそれは時代によって真実である時もあったりもする。
1: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 12:29:52.72
武器軟膏(ぶきなんこう)とは、傷薬の一種。通常の軟膏と異なり、薬を傷口ではなく、傷をつけた武器の方に塗る。16世紀から17世紀にかけて西欧の一部でその効能が信じられ、その理論について論争となった。 
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/武器軟膏

4: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 12:30:58.28
ケネルム・ディグビー(英語版)は、共感の粉(現在では硫酸鉄(II)と考えられている)を使って、実際に治療を行った。ジェームス1世らはその効果に感心したという[3]。他にも、実際に武器軟膏によって傷が治ったという事例も報告されている[9]。

8: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 12:31:35.82
しかしながら現在では、武器軟膏の効果といわれていたものはすべて自然治癒力によるものだと考えられている。
つまり、当時は衛生観念に乏しかったため、傷口に不衛生な薬を塗るよりは、武器の方に塗って傷口は洗浄だけにとどめておいた方が傷の治りが早かった場合がある。
そのことが、武器軟膏が効いたと勘違いされる要因になったと考えられている

47: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 12:39:08.91
>>8
これ毒塗ってたって事?

63: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 12:41:17.18
>>47
薬(動物のうんこ)やで
武器に軟膏を塗る(実質処置なし)が傷口に軟膏塗るより早く傷が治った!

武器軟膏を信じない奴はガイジ!って理論

329: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 13:25:17.39
>>8
異世界のIQ低い住民じゃん

3: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 12:30:51.77
意味あるんか?

87: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 12:45:45.82
>>3
人に優しい

5: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 12:31:08.75
論争になるぐらい意見が別れたの草

12: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 12:32:39.74
反論者は異端審問にかけられてるのか…

17: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 12:33:33.22
相手倒さな武器手に入らんやん一方的にやられた傷はどないすんねん

34: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 12:36:05.73
>>17
木で作ったレプリカに薬を塗ってもええんやで

48: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 12:39:11.24
>>34
これもうわかんねえな

23: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 12:34:37.68
武器「サンガツ」

24: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 12:34:40.84
フェアリードクターとかおったからな
アマゾンで見れるドラマ面白かった

26: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 12:34:45.72
相手を思いやって軟膏塗るのかと思ったら
相手殺して奪った武器に軟膏塗って自分についた傷治すってことかよ

29: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 12:35:25.75
三秒ルールの進化系かな

36: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 12:36:33.08
今の知識からしたら頭おかしいんちゃう?ってなる
けど、大事なのは当時の時代背景に照らし合わせて考えることやで

43: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 12:37:30.21
>>36
昔って何が良いかなんて体感でしかわからんし思い込み激しそうやな

45: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 12:38:30.47
>>43
頭痛いからカチ割るわなんて神話まであるしな

37: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 12:36:45.06
痛いのとんでいけシステムの応用やな

42: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 12:37:20.06
戦国時代とか傷口には馬の小便がベストってされてたしな

76: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 12:43:39.11
>>42
流石にウソやろ?

86: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 12:45:37.34
>>76
温めた小便で洗うらしいで

93: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 12:46:51.48
>>86
汚いって思うが、小便は無菌だから良いのかね?
時間経てば菌が発生するのは避けられないと思うが

137: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 12:53:52.88
>>93
濃い塩分とアンモニア下やし生水よりマシそう
わざわざ温めるなら煮沸でええやろと思うけど

138: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 12:54:10.94
>>93
古代ギリシャでは小便は洗剤やった(尿素で汚れがおちる)
中世は知らん

57: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 12:40:00.51
五寸釘を打つ呪いの人形があるのなら、薬を塗る癒やしの人形があってもいい

64: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 12:41:24.99
>>57
昔は熱を出したら人形を熱出した人にくっつけてその人形を川に捨てれば病気が治るとかやってたな

80: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 12:44:34.66
最近は傷口を消毒するより
水で洗って放っておいたほうが治りが早いとか言われてるし
健康な場合は人間の自然治癒を邪魔しないほうがいいんやな

83: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 12:45:15.40
まともな傷薬出てきたのってかなり後になってからなんやなこういう話あるってことは

153: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 12:55:23.94
>>83
蒸留酒ぶっかければええんやからその物はずっとあったんやけどなあ

168: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 12:57:29.17
>>153
酒を薬に使うとかもったいない理論

105: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 12:48:25.15
この時代は「磁石のように非接触でも互いに力を及ぼしあうものがある」が常識になりつつあった
その常識にミスリードされたのが武器軟膏

147: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 12:55:01.17
科学者は科学的に武器軟膏が効くことは証明されているといい
聖職者は武器軟膏など魔術的なものであり効かないと言い張り

151: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 12:55:12.14
こんな不潔な薬塗らんほうがマシやけどほっとけば治りますよって言うと医者の立場がないしなぁと思った偉い医者が武器軟膏という誤魔化す方法を考えた
そこを理解してない後世の医者たちが武器に軟膏塗ったら不思議なパワーで治るとか真面目に議論し始めてしまった

167: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 12:57:05.57
>>151
医者の立場というより患者の都合やないの?
せっかく医者呼んだのに何かしてもらわんと不安やろ
現代も診察だけで済ましたら何か薬出せ言う患者おるやろ

182: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 12:58:50.18
>>167
当時やし患者の気持ちがどうこうよりは医者の権威の問題じゃないかとは思うがまぁ武器軟膏そのものの本質ではないし真偽不明だからどっちでもいいわ

170: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 12:57:38.88
すまん理解できんのやが
薬塗った武器で切りつけていたいのいたいの飛んでけーやるんじゃないんか?

189: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 13:00:25.17
>>170
怪我したら自分を切りつけた武器の方に薬を塗るぞ
武器についてる血と自分の体は共感しているので薬の力が自分の体に飛んで来て治るぞ

200: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 13:01:06.27
>>170
場合によっちゃ塗らん方が治りが早かったり、そもそも軟膏がばっちくて治りが遅れてた
みたいなやらん方がマシみたいなことがあったりしたんやろ

99: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 12:47:40.31
何言ってるのか全く理解できない

元スレ: ・なろう主人公「傷口ではなく武器に傷薬を塗るというのはどうだろうか」


(´・ω・`)こんなとんでも理論が科学側ってのが恐ろしい。