1: ニライカナイφ ★ 2018/03/16(金) 08:39:19.36 _USER9
◆宇宙滞在で遺伝子が変化、一卵性双生児と一致せず NASA

宇宙に1年間滞在した宇宙飛行士は、身体の外見だけでなく、遺伝子にも変化が起きているという研究結果が、米航空宇宙局(NASA)の双子研究の一環として発表された。この調査では、国際宇宙ステーション(ISS)に1年間滞在したスコット・ケリー宇宙飛行士の遺伝子のうち、7%は地球に帰還してから2年たった後も、正常な状態に戻っていないことが分かった。
研究チームは、ISS滞在中と帰還後のケリー氏の身体の変化を、地上にいた一卵性双生児のマーク氏と比較。
その結果、以前は一致していた2人の遺伝子が、宇宙滞在後は一致しなくなっていたという。 
スコット氏の遺伝子の7%の変化は、少なくとも5つの生物学的経路や機能に関連する遺伝子が変化したことをうかがわせる。 

今回の研究結果は、NASAが進める人体研究プロジェクトのワークショップで1月に発表された。 
研究チームは宇宙滞在によって起きる身体的変化を調べるため、スコット氏の代謝産物(生命の維持に必要)、サイトカイン(免疫細胞によって分泌)、たんぱく質(各細胞内の活力)について、宇宙滞在前と滞在中、帰還後に測定を行った。 

その結果、宇宙滞在は酸欠によるストレス、炎症の増加、劇的な栄養の変化をもたらし、遺伝子発現に影響を及ぼしていることが分かった。 
スコット氏の遺伝子発現は、地球に帰還すると93%が正常に戻ったが、残る数百の「宇宙遺伝子」は変異したままだった。 

その一部は宇宙滞在のストレスによって変異したと思われる。 
スコット氏の細胞では、酸欠と高濃度の二酸化炭素が原因と思われる低酸素症が起きていた。 
また、「細胞の発電所」と呼ばれるミトコンドリアにも損傷の形跡があった。 

老化の程度を表す染色体末端部位のテロメアにも変化が見られた。 
宇宙滞在中はテロメアの長さの平均値が大幅に伸びたが、地球に戻ると約48時間以内に、出発前に近い値に戻って落ち着いた。 
そうしたテロメアの変化やDNAの損傷と修復は、放射線とカロリー制限によって引き起こされたと研究チームは推定する。 

ほかにもスコット氏のコラーゲンや血液凝固、骨形成にも、体液移動や無重力の影響と思われる変化が起きていた。 
免疫が異常に活性化する現象も確認され、極端な環境の変化によるものと研究チームは推定している。 

NASAが計画している火星の有人探査は3年間のミッションになる。 
ケリー氏が経験した1年間の宇宙滞在は、この計画に向けた科学的な足掛かりとなる。 

■写真 
宇宙での長期滞在によって遺伝子にも変化が起きていることがわかった 
no title

ケリー宇宙飛行士の遺伝子の7%は帰還後も正常な状態に戻っていないという 
no title


CNN 2018.03.15 11:04 
https://www.cnn.co.jp/fringe/35116194.html 
https://www.cnn.co.jp/fringe/35116194-2.html



26: 名無しさん@1周年 2018/03/16(金) 08:46:59.24
>>1
ニュータイプ発生のメカニズム?

44: 名無しさん@1周年 2018/03/16(金) 08:50:13.12
>>1

というより、

宇宙飛行士の子供は、或る程度、宇宙での生活に適応した進化をしたことになるよな。
まあ、どんな子供が生まれ成長するのか楽しみだな。

96: 名無しさん@1周年 2018/03/16(金) 09:00:13.19
>>1

まあ、すでに述べられたことがあるが、

今後の、人間の宇宙型進化形態の一つとして、
可視光線の幅が拡大することが挙げられてるよな。

つまり、現在、われわれの肉眼では宇宙はほぼ真っ黒だが、
そこには膨大な数の放射線で溢れている。
それが、普通に「光」として見れるようになるということだ。
すると、宇宙はまさに、光輝く明るい夢のような世界に一転するらしい。

254: 名無しさん@1周年 2018/03/16(金) 09:31:50.21
>>1
この状態で子供との遺伝子検査したら他人判定喰らいそう

793: 名無しさん@1周年 2018/03/17(土) 00:56:02.06
>>1
宇宙飛行士は学者の頭脳とアスリートの身体を併せ持つ必要があると聞いたが、
ホントにとんでもなく過酷な生活なんだな。

6: 名無しさん@1周年 2018/03/16(金) 08:41:11.47
まだ二人とも宇宙に行ったら二人とも遺伝子が変わってる可能性があるな

713: 名無しさん@1周年 2018/03/16(金) 17:45:21.70
>>6
一卵性双生児が同時に宇宙で生活したら、どっちも似た変化になるのかね

9: 名無しさん@1周年 2018/03/16(金) 08:41:52.92
宇宙関係なくね?

21: 名無しさん@1周年 2018/03/16(金) 08:44:20.35
>>9
宇宙は放射線が飛び交ってる

144: 名無しさん@1周年 2018/03/16(金) 09:09:58.66
>>21
やっぱり身体に悪いものなんだね

212: 名無しさん@1周年 2018/03/16(金) 09:23:26.44
>>144
逆に良いかもしれないぞw

13: 名無しさん@1周年 2018/03/16(金) 08:43:06.73
子供のDNA検査して血縁が証明出来なくなる

667: 名無しさん@1周年 2018/03/16(金) 14:12:53.31
>>13
DNA鑑定前に子供を宇宙に送って鑑定を逃れたんだな!
みたいなミステリーが生まれるのか?

16: 名無しさん@1周年 2018/03/16(金) 08:43:48.43
最終的にジャミラになるで

411: 名無しさん@1周年 2018/03/16(金) 10:21:56.63
>>16
(´;ω;`)・・・

20: 名無しさん@1周年 2018/03/16(金) 08:44:19.78
宇宙人と入れ替わってるだろ

109: 名無しさん@1周年 2018/03/16(金) 09:02:34.75
>>20
それしか考えられないよな




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6452329925196446"
data-ad-slot="8155330348"
data-ad-format="auto">


178: 名無しさん@1周年 2018/03/16(金) 09:14:39.50
>>20
まあコレ

437: 名無しさん@1周年 2018/03/16(金) 10:29:33.79
>>20
映画であったな

27: 名無しさん@1周年 2018/03/16(金) 08:47:00.38
進化するスイッチ入ったね

35: 名無しさん@1周年 2018/03/16(金) 08:48:26.86
目に見えないエイリアンの細胞が宇宙に蔓延してんじゃねえの
しまいには遺伝子そっくり乗っ取られるとかSFの話じゃねえわ

43: 名無しさん@1周年 2018/03/16(金) 08:49:56.09
マイナスのことしか書いてないけど、何か良くなった点はないのか?
体臭が消えたとか、好き嫌いが無くなったとか

64: 名無しさん@1周年 2018/03/16(金) 08:52:46.61
>>43
ハゲは治らなかった。

461: 名無しさん@1周年 2018/03/16(金) 10:43:42.48
>>64
促進されるだろ

217: sage 2018/03/16(金) 09:24:15.77
>>43
宇宙に行ってる間に、嫁がキレイに化粧するようになってウキウキしだした

59: 名無しさん@1周年 2018/03/16(金) 08:52:06.13
ファンタスティック4

63: 名無しさん@1周年 2018/03/16(金) 08:52:41.13
宇宙生活に適用したDNAになった、ってのが模範解答だろ

66: 名無しさん@1周年 2018/03/16(金) 08:53:18.78
はーん、生物の進化は宇宙から降り注ぐ放射線が遺伝子を変化させて発生するってのはマジらしい

70: 名無しさん@1周年 2018/03/16(金) 08:53:36.81
Xメン入りか

72: 名無しさん@1周年 2018/03/16(金) 08:54:07.55
進化したんじゃね?

77: 名無しさん@1周年 2018/03/16(金) 08:54:32.94
そもそも遺伝子って変化しないの?
結構変化してんじゃないの?

ずっと無職だと無職型、就職して正社員だと正社員型みたいに、精神と環境が遺伝子に影響してそう。
そうじゃないと、空飛びたいから羽が生えてくる恐竜とか、
花そっくりの擬態する虫とか、たんなる偶然だけでは無理でしょ。

84: 名無しさん@1周年 2018/03/16(金) 08:56:29.66
>>77
空飛びたいから羽が生えたわけじゃないし、
擬態したいから変な模様になったわけじゃないぞ。

228: 名無しさん@1周年 2018/03/16(金) 09:26:35.45
>>84
エピジェネティクス、環境に適した遺伝子のONOFFを行うという段階があるらしい。
クローン猫が全く違う模様で生まれたのはこのせい。

これは後天的に自分がもともと持っている都合の良い遺伝子を選んで自分の特性を変化させることができるとういう感じ
パソコンとかスマホアプリの設定みたいなもん?
これだけだと一時的な適応だけど、その設定変更は遺伝する。つまり環境適応は遺伝に影響する。

アプリ自体に新しい機能がついたり性能上がったりあるいはエラーバグだらけになったりするのは遺伝子の突然変異、
これは太陽光やウィルス感染なんかで遺伝子が破壊・修正されて起こる現象。

この二つの繰り返しで進化していく。

78: 名無しさん@1周年 2018/03/16(金) 08:54:33.27
ニュータイプの始まりか!って書こうとしたらみんな書いてる
ほっこりしたw

85: 名無しさん@1周年 2018/03/16(金) 08:56:55.87
①宇宙放射線でDNA損傷
②宇宙人と入れ替わった
③地球に残った方が偽物

86: 名無しさん@1周年 2018/03/16(金) 08:57:02.89
なるほど、デキちゃったらいったん宇宙に逃げればいいのか

87: 名無しさん@1周年 2018/03/16(金) 08:57:31.65
遺伝子が変わったのか
遺伝子の発現が変わったのか、
どっちだ?

97: 名無しさん@1周年 2018/03/16(金) 09:00:27.59
>>87
記事見てると配列が変わったわけではなさそう
テロメアの繰り返し数が変わったとあるがそれも酵素量の変化で変わるものだしね

記事書いた人もわかってないようだし、ここの連中もわかってないようだ

104: 名無しさん@1周年 2018/03/16(金) 09:01:32.66
>>87
遺伝子発現の7%に変化があったみたいだけど
一部は宇宙放射線によるDNA損傷もあるかもしれない
まあ無重力や精神的ストレスの影響のほうが大きいと思う

元スレ: ・【研究】1年間宇宙に滞在して帰還したら、一卵性双生児と遺伝子が一致しなくなった(NASA)


(´・ω・`)これはロマンがありますね。宇宙に適応した人類はどんな感じになるんでしょうかね。